海の十字路

有明海縦横断の旅

第1回 大牟田駅から三池港、そして島原へ。

2000年ごろの記録です



旅の始まりは大牟田。
JR鹿児島本線と西日本鉄道大牟田線が同居する大牟田駅から出発した。
駅の西口から三池港行きのバスが出る。


 


市街地を南に下り、炭鉱電車の踏み切り跡を渡ると港が近い。

 


 


殺風景な三池港の奥に石炭を積み出す岸壁がある。その横の桟橋に着いた船は休憩の後、島原へ折り返す。

 


 


一気にスピードを上げた船は、港を出ると進路を南に変え、島原をめざして波静かな海を疾走する。

 


 


船内は波しぶきが砕ける音とエンジンの鼓動につつまれながらくつろぎの時を過ごす。


母胎を思わせる海と船はこころよい眠りをさそう。

 


 


港を出てから30分、航路の中ほどにさしかかると、左右から大型の船が現れる。
島原行き高速船と有明海を東西に結ぶフェリーの航路が交わる海の十字路である。
大型貨物船・漁船・レジャーボート。さまざまな船が行き交い、有明海でも特に船の数が多い。

 


 


まるで絶壁のようにそびえる雲仙岳が右手に迫ってくると島原はもうすぐ。

 


 


やがて船は50分の航海を終えて港に入る。

 


 


観光地島原の港は華やかである。


島原は有明海の西のターミナル。


熊本、天草方面へのフェリーが次々と発着する。



ゴールデンウィークには、大分・鹿児島・宮崎など九州各県の車に、観光バス・トラックから自転車までやってくる。


そして、見送りの人たちなどでにぎわう。

 

 

協力 島原鉄道株式会社
次回は島原から多比良まで、有明海西岸を北上するローカル鉄道の旅です。

HOME